「久仁京介をかこむ会」に感謝


 凄いですね!
先月号によると高校三年生を卒業して60年だそうですね!
こんな仲の良く元気な仲間、それも日本全国から集まって来るなんて他にないでしょう ね?
この機会をつくってくれた「久仁京介をかこむ会」に感謝です。

私は小学校、中学校、高校の集まりで酔うといつも舟木一夫の「高校三年生」を歌って いるんですが、
先日の温泉は行けなかったので高校の同窓会ではまだ歌っていないような気がします。
皆さん、仲良く元気に頑張って「久仁京介をかこむ会」を続けて下さい。


作詞:丘灯至夫、作曲:遠藤 実、唄:舟木一夫

1 赤い夕陽が校舎をそめて
   ニレの木陰に弾む声
   ああ 高校三年生
   ぼくら 離れ離れになろうとも
   クラス仲間はいつまでも

2 泣いた日もある 怨んだことも
   思い出すだろ なつかしく
   ああ 高校三年生
   ぼくら フォークダンスの手をとれば
   甘く匂うよ 黒髪が

3 残り少ない日数(ひかず)を胸に
   夢がはばたく遠い空
   ああ 高校三年生
   ぼくら 道はそれぞれ分かれても
   越えて歌おう この歌を